催しもの

https://nonoaoyama.com/wp/wp-content/uploads/2021/07/nono_bunner.jpg

【中止】BOSSA AOYAMA 2021 From Rio to Tokyo DAY2

開催日
2021年8月7日(土曜日)
時間
16:00-20:00
場所
しばふ
料金
入場無料
 
 
8月7日(土)公演について​

新型コロナウイルス感染拡大を受け、誠に残念ではございますが「ライブ配信のみ」の開催とさせていただきます。
ライブ配信はBOSSA AOYAMA YouTubeチャンネルもしくはBOSSA AOYAMA公式ホームページからご覧いただけます。
※ののあおやまでの演奏は行いません。ご注意ください。

 

 

昨年大好評だったBOSSA AOYAMAが、7/24㈯・8/7㈯に再びののあおやまにて開催されます。

 

〇出演者

木村純 クァルテット(Kimura Jun Quartet)

プロのボサノヴァギタリストとして、日本一過密なスケジュールで全国を飛び回る木村純。今回は第一回日本ジャズグランプリで最優秀ソロイスト賞を受賞など日本のジャズシーンを第一線で引っ張ってきたベテラン納谷嘉彦、新進気鋭の注目若手ベーシスト 高橋陸、ジャズコーラスグループ、ニューヨークボイセスのメンバーとしても活躍するボイスパーカッショニスト北村嘉一郎を迎えたブラジリアンジャズクァルテットで出演。熟練したテクニックから醸し出される深みのある演奏をお届けします。

木村純(ギター)、納谷嘉彦(キーボード)、高橋陸(ベース)、北村嘉一郎(ボイスパーカッション)

 

 

Mika da Silva(ミカ・ダ・シルヴァ)

ガットギターに乗るポルトガル語の美しい響きに魅了されボサノヴァに開眼。単身ブラジルへ渡りポルトガル語を習得、ギターでの弾き語りを確立し、ブラジルでの音楽活動を経て、2016年日本で初のソロアルバムを発売。BRAZILIAN INTERNATIONAL PRESS AWARDS JAPÃO受賞。テレビ番組のコメンテーターやラジオなど幅広く活躍の場を展開。そして共演は、ジャズ、シティポップ、ジプシー音楽を吸収した個性的なステージを展開し、自身が作曲した楽曲「花の野」が星野源、細野晴臣にそれぞれ紹介されるなど唯一無二のギタリスト・佐々木優樹。2人の世界観が描く美しいブラジル音楽を是非お楽しみください。

 

マルセロ木村 TRIO(Marcelo Kimura Trio)

~ブラジルと日本を繋ぐ夢のトリオ~
サンパウロ出身の天才音楽家、マルセロ木村が日本に届けてくれたブラジル音楽のエナジーは、コモブチキイチロウ、斉藤良という日本人屈指のサンバMPBリズムセクションを得て爆発。現在、東京で最も注目すべき熱いライブを繰り広げている。
あのブラジルの偉大な歌姫、ホーザ・パッソスにも愛されるこのトリオ。彼らの音楽は日本から世界へと向かって羽ばたいていく。その夢の1ページである現在の彼らの勇姿を見逃す手はない。

マルセロ木村(vo,gt)、コモブチキイチロウ(b)、斉藤良(ds)

 

 

※ほか詳細は決まり次第HPにてお知らせします。

 

BOSSA AOYAMA公式HP

 

 

BOSSA AOYAMA について

今年14回目を迎える『BOSSA AOYAMA』は、2008年に日伯交流移住100周年およびボサノヴァ誕生50周年を祝い、青山通りを起点とする4つの商店会と、駐日ブラジル大使館との共催という形で始まり、現在は「青山まつり」の一環として商店会、大使館、学校、企業、教会、NPOなどの協力のもと、青山に住み、学び、働く みんなの力で運営されるイベントです。

青山音ノ会

青山星灯篭