催しもの

https://nonoaoyama.com/wp/wp-content/uploads/2020/07/otonokai06-600x400.jpg

青山音ノ会 #06 FILM! クラリネット岩瀬龍太|ギター徳永真一郎

開催日
2020年8月1日(土曜日)
時間
17:30〜
場所
ののあおやま 舞台
料金
無料

第6回目となる青山 音ノ会開催です。
新しくできた「ののあおやま」の森に囲まれた舞台にて、屋外での無料開催となります。

今回のテーマは「FILM!」映画音楽を中心とした演奏会です。
「青山 音ノ会」は、クラシックを中心とした多彩な奏者による定期的な演奏会を通じて、まちと音楽のかかわりを作っていく集いです。人々の暮らしの中にあるにぎやかな音。森ができそこに集う生物たちが奏でる音。それらを感じ、紡ぎ、表現するのが、この音の会の演者たちです。私たちの生活の中でどんな「音の楽しみ方」があるのかを見つけられればと願って。

テマエのLINE@はじめました。
https://line.me/R/ti/p/%40nos2658f

—————————–
日 時:8/1(土)17:30~
参加費:無料
場 所:「ののあおやま」東京都港区北青山3-4-3
—————————–
#06 テーマ : FILM!
クラリネット : 岩瀬龍太
ギター:徳永真一郎
—————————–

プログラム:
・I girasoli: ひまわり
・アマポーラ:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ
・カヴァティーナ: ディア・ハンター
・she:ノッティングヒルの恋人
・コーリングユー:バグダットカフェ
・幸福の硬貨: マチネの終わりに
・スマイル:モダンタイムス
・La Strada: 道
・男はつらいよ
・スカボロー・フェア:卒業 
・ピアソラ:Night club 1960
—————————–

徳永真一郎(ギター)
徳島県出まれ。9歳からギターを川竹道夫に学ぶ。2003年、スペインギター音楽コンクールおよび日本ギターコンクール優勝。19歳で渡仏し、ストラスブール音楽院でアレクシス・ムズラキスに、古楽・リュートを今村泰典に師事。その後、2011年よりパリ国立高等音楽院でローラン・ディアンスに師事し、2016年に修士課程を満場一致の首席で卒業。パリではジュディカエル・ペロワにも師事した。また、ステファノ・グロンドーナ、ゾーラン・ドゥキッチ、カルロ・マルキオーネのマスタークラスを受講し、キジアーナ音楽院ではオスカー・ギリアのクラスで最優秀ディプロマを取得した。 数多くの国際コンクールで優秀な成績を残しており、2018年にはヴェリア国際ギター・コンクール(ギリシャ)のコンチェルト部門で第2位を受賞した。このほか、2008年ナクソス国際ギター・コンクール(ギリシャ)第3位、2010年オルシュティン国際ギター・コンクール(ポーランド)第1位およびグランプリ、2016年にはブーローニュ・ビヤンクール現代音楽コンクール(フランス)《Musique du dernier siècle 2016》で審査員特別賞の〈課題曲賞〉を受賞した。 2017年、マドリッドのソフィア王妃芸術センターにて、松宮圭太の《ギターとアンサンブルのための小協奏曲》をジョルディ・フランセス指揮アンサンブル・ソニド・エクストレモとの共演で世界初演し、話題を呼んだ。またこれまでに、カレンツァーナ音楽祭(共演小林真理、メゾソプラノ)や、パリ国際ギター・フェスティバル等の音楽祭にも出演している。 2015年、朴葵姫、松田弦、岡本拓也とタレガ・ギターカルテットを結成し、室内楽の可能性も追求している。 パリ在学中は、ヤマハ音楽振興会留学奨学生、フランスではタラツィ財団およびADAMI財団奨学生として研鑽を積んだ。 2018年7月、マイスターミュージックより近代スペインの作曲家による作品とフランスの作品を集めたデビュー・アルバム『テリュール』をリリース。このアルバムは、平成30年文化庁芸術祭にて優秀賞を受賞すると言う快挙を成し遂げた。
http://shinichirotokunaga.com/

岩瀬龍太(クラリネット)
桐朋学園大学音楽学部卒業、同大学オーケストラアカデミーを修了したのち渡欧、ベルギーのアントワープ王立音 楽院とモンス王立音楽院に学ぶ。これまでにウィーンモデルン現代音楽祭、ISCM World New Music Days 2013、 Il Bienal Musical Hoje 現代音楽祭(ブラジル)、OaarWurm現代音楽祭(ベルリン)、Sluchalnia 現代音楽祭(ポーランド)、リンツ現代音楽祭(オーストリア)、ハニャン現代音楽祭(ソウル)、Musica Polonica Nova 現代音楽祭(ポーランド)等、数々の音楽祭に招聘される。2019年には 新作を含むバスクラリネット独奏曲のみによるリサイタルを行うなど、クラリネットのための作品を現代の作曲家 へ委嘱・ 初演し、新たなレパートリーの開拓に意欲的に取り組んでいる。東京芸術劇場主催公演においてダンサ ーの勅使川原三郎氏、佐東利穂子氏、ソプラノ歌手のマリアンヌ・プスール とシェーンベルクの《月に憑かれたピエ ロ》を共演するなど、他ジャンルのアーティストとの活動も積極的に行なっている。
第11回ピエトロ・アルジェント国際室内楽コンクール(イタリア)第1位、第4回マルコ・フィオリンド国際室内楽コン クール(イタリア)第3位、第5回パドヴァ国際室内楽コンクール(イタリア)第3位、夏期国際音楽アカデミー(ウィーン )においてバルトーク賞を受賞。
https://ryutaiwase.com

青山音ノ会

青山星灯篭